季節の健康と漢方

西洋薬での治療は、病名を決定することから始まりますが、漢方薬での治療は、その人の体質や体力、そのときの状態を総合的に判断して、処方を決定します。
ここでは、よくある健康の悩みと、治療に使われる漢方薬をご紹介します。

かぜ

かぜは誰でもかかることがありますが、人によって症状はさまざまです。
また、ひきはじめから治るまでにはある程度時間がかかる場合があり、ずっと同じ対処をしていればいいというわけではありません。
たとえば、漢方のかぜ薬といえば葛根湯と思っていませんか? 葛根湯はひきはじめのかぜによく効く処方ですが、かぜの進行や症状の変化に合わせて、適した処方も変化していきます。
ここでは、かぜのひきはじめ、熱が高いとき、こじらせてしまったときの対処法をご紹介します。

ひきはじめには

症状は?

ゾクゾクとした寒気やのどの痛み、頭痛などがあります。熱はまだあまり高くなく、汗をかいている場合とかいていない場合があります。

対処法は?

体を温かくして、早めに休養をとりましょう。
また、温かく消化の良い食べ物や飲み物をとりましょう。うどんや鍋もの、くず湯のほか、おろした大根やしょうが、刻んだねぎにお湯を注いだものなどがおすすめです。

かぜイメージ

熱が高いとき

症状は?

熱が高くなるのは、体内に侵入したウイルスを、熱を上げることでやっつけようとしているためです。
発熱の必要がなくなると、今度は体温を下げるために汗をかきます。
濃い鼻水やたんが出ることもあります。

対処法は?

心身ともに安静にして、十分に睡眠をとりましょう。
汗をかいたら、肌着をすぐ取り替えましょう。
また、熱が高いときは、氷枕や氷のうなどで頭を冷やしましょう。

こじらせてしまったら

症状は?

かぜが治りきらずに、せきが長引いたり、微熱が続いたりすることもあります。
せきや微熱が続くと、体力を消耗してしまいます。

対処法は?

たんぱく質やビタミンなど栄養のバランスが良く、消化の良い食べ物をとるようにしましょう。アルコールやタバコは、気管支に刺激を与えるので控えましょう。
また、気管支に入る空気の温度変化や乾燥によってせきが出やすくなることがあるので、出かける前にマスクをすると、急激な温度変化や乾燥などを防げます。

このページの先頭へ