JPSのサステナビリティ

持続可能な社会の実現と共に
発展し続ける企業へ

ジェーピーエス製薬は、漢方薬を造り続けて60年以上になります。高品質な漢方薬を造るためには、自然の恵みを最大限に活かさなければなりません。それはサステナビリティの考えと通ずるところがあります。サステナビリティとは、持続可能性のことであり、地球の環境を壊さず、資源も使いすぎず、平和で豊かに生活し続けていける社会を目指すことです。ジェーピーエス製薬は、SDGsを包括した大きな枠組みをサステナビリティととらえ、期限を設けずに取り組んでいます。
サステナビリティの実現に向けて「人々の健康に貢献」「地域社会への貢献」「地球の恒常性を維持」「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」「従業員満足度 幸せの向上」の5つを大きなテーマとして定めました。これらのテーマを重要課題として、戦略的に取り組み、企業としての責任を果たしていきます。

ジェーピーエス製薬株式会社 代表取締役社長 小林 誠二

人々の健康に貢献

ジェーピーエス製薬の漢方薬は固液分離工程で遠心分離機を用い、生薬と抽出液を分離させています。遠心力を利用することで生薬を無理に搾ることなく抽出液を取り出すことができます。また、濃縮の際には短時間かつ低温で行うことにより、土瓶で煎じたのと同じように、香りを飛ばさず色鮮やかなエキスを製造しています。このような高品質な漢方薬を安定供給することに加えセルフプリベンション(自己予防)・セルフメディケーション(自己治癒)の考えを浸透させ、自然と調和したライフスタイルを提案することにより、人々の健康に貢献しています。

国内一貫製造

生薬の管理から、エキスの製造、包装まで、自社工場で国内一貫製造を行い、高品質な漢方、生薬製剤を製造できることが強みです。

厳選された生薬

品質のクオリティを大きく左右するエキスの原料・生薬は、生薬ごとに品質を厳しくチェックし、可能な限り原形に近い形で仕入れています。

水へのこだわり

自社工場で水を精製し、常に一定品質の綺麗な水を、エキス抽出に使用しています。排水も、微生物の力を借りて浄化しています。

地域社会への貢献

パートナーシップの一つに、「災害時における一般用医薬品の供給に関する協定」があります。本協定は工場がある栃木県芳賀町や真岡市とのパートナーシップの一環であり、災害時において医薬品を円滑に提供するためのものです。また、工場はエネルギー供給システムを導入しており、芳賀町とは、災害時に携帯電話等の無料充電場所として提供する協定を結んでいます。

災害時における一般用医薬品の供給に関する協定

芳賀町との災害時における一般用医薬品の供給に関する協定調印式 画像

左:当社代表取締役 小林誠二
右:栃木県芳賀町 見目匡町長

芳賀町とジェーピーエス製薬株式会社、真岡市とジェーピーエス製薬株式会社 パートナーシップ イメージ

地球の恒常性を維持

生薬残渣の活用

漢方薬の製造工程で発生する生薬の搾りカスを、近隣農家の方々により、肥料や堆肥の材料として利用して頂いています。その日の生産量にもよりますが、1日2tトラック2~4台分ほどの生薬残渣が出ます。現在、生薬残渣の再利用率は100%となっていますが、安定した再利用を続けるためにも、受け入れ先の探索も継続していかなくてはなりません。

生薬残渣の受け入れ先ご紹介

1.ビックドリーム大島牧場様

栃木県芳賀町にあるビックドリーム大島牧場では、約60頭の牛を飼育しています。牛糞、もみ殻などと生薬残渣を混ぜて堆肥を作り、牧草の肥料として使って頂いています。搾乳牛からのミルクは、とてもコクのある牛乳になります。
牛→糞→堆肥→牧草という、ほぼ完全な循環型を形成しています。

牛 画像

生薬残渣入り肥料を使って育てた牧草を食べて大きくなった元気な牛たち

2.小塙農家様

ご夫婦と息子さんの3人で農業を営んでおられ、メインは稲作でアスパラガスも栽培しておられます。アスパラガスの植え替えは約8年ですが、ここでは17年前の株が生き生きとしています。生薬残渣を混ぜた肥料を使用すると害虫も寄らなくなり、農薬の使用量も激減するそうです。

アスパラガス 画像

大きく育ったアスパラガス

微生物を使った排水処理

工場からの排水は、排水処理施設に集められます。シュードモナス属やバチルス属などの好気性細菌が排水中の有機物を吸収・分解する働きを利用して処理します。このような微生物を効率よく働かせるために、排水のpH調整、反応タンクへの有機物の流出量調整や酸素濃度、濁度や色度などの管理を行っています。このほか砂濾過器や活性炭吸着塔などを利用し、きれいな状態になった水を放流しています。この取り組みは、河川や土壌への有機物を含む排水の流入を防ぐことで水質悪化の防止に繋がります。

浄化前の排水 画像
浄化前の排水

機械を洗ったときの洗浄水や生活水、汚水など工場からの排水は全て綺麗になって放流されます。

浄化中 画像
浄化中

曝気槽と呼ばれる排水処理設備で、微生物を使って排水中の汚濁物質を分解し浄化していきます。浄化中は一時的に黒く濁ります。

浄化後の放流水 画像
浄化後の放流水

放流するためには、10以上のプロセスを経て浄化し、更に厳しい基準をクリアする必要があります。

管理項目は多岐に渡り、日常管理項目、隔日管理項目、週管理項目、月報告を行っています。また、定期的に専門業者に管理・検査を依頼しています。

排水処理施設 画像

CO2の削減計画

日本製薬団体連合会が、2050年カーボンニュートラルに向けて「2050年CO2排出量ネットゼロ」を長期ビジョンとし、「CO2排出量を2030年度に2013年度対比で、46%削減」をフェーズII目標とする見直しを発表しました。ジェーピーエス製薬では、フェーズIIを達成できるように目標を設定しました。

CO2の削減計画 グラフイメージ
コジェネレーションシステム 画像

エネルギー供給システム コジェネレーションシステム

  • 2020年:エネルギー供給システム導入により約7%のCO2削減効果

  • 2021年:2030年までに2013年度比-46%を目標に設定

※公表数値は栃木工場のみの数値

ダイバーシティ&インクルージョンの推進

従業員満足度 幸せの向上

※2021年度集計値

平均年齢(社員)39.1歳
平均勤続年数(社員)14.5年
女性管理者率 2021年は21.4%。2030年の目標値は30%。
女性就業率(社員パート) 47%
女性採用率(社員パート)72%