先輩インタビュー

製造部 浦田 海人

浦田 海人KAITO URATA

製造部 製造第3課
平成29年入社(栃木県立茂木高等学校 卒)
野球部所属(第98回全国高等学校野球選手権栃木大会 ベスト4メンバー)
趣味 草野球、料理、家庭菜園、カメラ

仕事風景

浦田さんの仕事内容を教えてください。

はい、私は製造第3課に所属しているのですが、そこでは主に製品の包装に関する仕事をしています。第2課で製造された錠剤や顆粒剤を決められた包装方法で包装し、お店などで売られている状態にして製品倉庫に送ります。

ジェーピーエス製薬で働こうと思った理由を教えてください。

主に漢方薬を製造しているというところに魅力を感じたからです。
漢方薬の原料となる生薬は、普段の生活で見かけるものも多く、料理などに使われているものもあります。そんな身近なものを使用して、健康を保つための医薬品を製造できるということにとても驚きました。
ジェーピーエス製薬では、原料から製品になるまでを自社で一貫してできるということも、働こうと思った理由のひとつです。

職場は働きやすいですか?

はい、すごく心地のいい雰囲気ですよ。年齢関係なく話せる雰囲気があって、昼休みなどに会話が弾みます。仕事面でも、目標にできる人がたくさんいて恵まれているなと感じました。

仕事風景

仕事のうえで、大切にしていることはありますか?

そうですね、「健康」と「正確さ」の2つが大切だと思います。
「健康」は、元気がないと周囲の仲間に不信感を与えてしまうと思ったからです。それに、医薬品は、病気などを治す手助けをしたり、きっかけを作ってあげられるものだと思うんですが、そのためには作る側が健康でないとダメな気がするんですよね。

作り手の「元気」がないと、お客様を元気にすることもできないというわけですね。

そのとおりです。もうひとつの「正確さ」は、医薬品は人の体内に入るものなので、細菌などの有害なものが混ざっていたら、治すどころか悪化させてしまうと思うんです。また、間違った方法で包装すると品質にかかわりますし、間違った資材を使ってしまったら正しい製品がお客様のもとに届かないので、やっぱり「正確さ」はとても大切ですよね。

最後に、ホームページをご覧の方に、一言お願いします。

ジェーピーエス製薬の製品は、1人1人がていねいに作っています。みなさんの健康のお役に立てばうれしいです。