先輩インタビュー

開発部 橋本 遙

橋本 遥HARUKA HASHIMOTO

開発部 薬剤師
平成29年入社(日本薬科大学 薬学部 医療薬学科 卒)
趣味 観劇、温泉旅行

仕事風景

橋本さんはどんなお仕事をされているんですか?

本社で学術、薬事、お客様相談の電話応対など、さまざまな業務に取り組んでいます。ほかにも、漢方薬・西洋薬問わず資料や文献を参考に資料を作成したり、営業部の社員向けに勉強会をしたりします。

デスクワークっていう感じですか?

PCに向かっている時間は長いですが、電話応対で直接消費者の方とやり取りをすることも多いので、黙々と仕事をしているというイメージではないですね。先日は、ジェーピーエスの製品を扱う会員薬局さまでの店舗研修にも行きました。実際にジェーピーエスの漢方薬が患者さまの役に立っていることを実感できる、いい機会をいただきました。

ジェーピーエス製薬で働こうと思った理由を教えてください。

薬剤師の資格を生かしつつ、漢方について体系的に勉強できる環境で仕事がしたかったからです。
大学時代、体調を崩したときに漢方薬がよく効いた経験があり、興味をもったのがきっかけで、研究室も漢方の分野に所属していました。漢方専門の薬局で働くことも視野にありましたが、まずは企業で幅広い業務を行いたいと思い、ジェーピーエスを志望しました。

仕事風景

実際に働いてみて、いかがですか?

漢方薬・西洋薬問わず、薬学の知識が幅広く求められていると感じます。たとえば、お客様相談の電話応対では、漢方薬と一般の薬の飲み合わせや健康食品についても聞かれることがありますので、自社製品だけでなくさまざまな薬や食品について、日々の勉強が必須であることを実感しています。
でも、研修が充実していて、学べる環境がきちんとあります。漢方については社内での研修のほか、外部の勉強会にも参加して、著名な先生の講義を受ける機会もあるんです。

職場の雰囲気はどうでしょう?

社内のさまざまな部署の方とやり取りして業務を行う必要があるのですが、幸い皆さんが温かくご指導してくださいます。私が所属している開発部は人数が少ない分、1年目からさまざまなことにチャレンジでき、上司からはいつも適切なアドバイスをいただいています。仕事以外のことで相談に乗ってもらうこともあるんですよ。

素敵な環境ですね! 最後に、就活中の方へ一言お願いします。

ジェーピーエス製薬では、漢方薬をエキスからこだわりをもって製造しています。入社してから自社製品の良さを実感する機会が多くあり、私自身もファンになりました。
大学で勉強した知識を生かし、さまざまな業務を幅広く行いたい方、漢方薬が好きな方といっしょに働けたらうれしいです。