会社案内

会社案内

経営理念

自然の恵みを大切に活かし、人々の健康と社会に貢献する

ジェーピーエス製薬は、東洋医学の考え方を背景に『人間は自然と共にあり、自然に生かされているという 摂理に従い、病める人の身体の調和(バランス)を求めることによって病を治す』という漢方理論に基づいて医薬品の提供を行っています。

すべての人々が健康で幸せな毎日をおくることを願い、社員一人ひとりの熱意と力を結集し、常に高品質で信頼される製品とサービスを提供することを通じて皆様の暮らしにより一層の貢献をしてまいりたいと考えています。

品質方針

ジェーピーエス製薬株式会社は、高品質な医薬品を提供することにより、人々の健康で豊かな生活と医療の未来に貢献します。


  1. 国際標準に適合する品質保証体制を構築・維持し、法律と規制要求事項を遵守し、適切な製造管理と品質管理を実践します。
  2. 適切な製品知識管理と高い生産技術力を維持し、高品質な医薬品を安定的に供給します。
  3. 本方針に基づき、組織目標に品質に関する具体的な取り組みを明示し全従業員へ周知し理解を得て、実践展開します。
  4. 定期的に品質監査とマネジメントレビューを行い、医薬品品質システムの改善を継続的に実現します。
  5. 教育・訓練により、従業員のスキルアップを図ります。

ジェーピーエス製薬株式会社
代表取締役社長

代表取締役社長 小林 誠二
代表取締役社長 小林 誠二

社長挨拶

ジェーピーエス製薬のHPをご覧いただき、誠にありがとうございます。

2020年2月4日は立春で、その前日の3日が節分でした。立春は冬至と春分のちょうど中間の日で、暦の上ではこの日から春が始まります。また、大寒から立春までが年間で一番寒い日といわれています。節分の豆まきは、この寒い時期に病気が一番多く発生したため、厄払いのために行われたといわれております。
折しも節分のころから中国の武漢で新型コロナウイルスが発生し、現在も世界中に大きな影響をもたらしています。ニュースを見るたびに、問題が起きれば何はさておき初動が大切であることを再認識させられます。
また一方で、風邪や病気になったら人にうつさないような配慮をしている人が多いことにも気づかされます。この意識の変化・向上は地球環境意識の高まりと同様であると思います。

1月下旬から2月の初旬に咲く伊豆の土肥桜を見に行き、春が近いことを感じました。
一年を通して、皆様の毎日の健康にジェーピーエス製薬の製品がお役に立てることを願っております。体調の変化に十分気をつけて、健康な生活をお送りください。

2020年2月28日

代表取締役社長 小林 誠二