漢方処方解説

葛根湯|汗をかいていないときのかぜのひきはじめに

どんな処方?

漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』『金匱要略(きんきようりゃく)』に収載されている処方です。
汗をかいていないかぜの初期症状、鼻炎、肩こりなどを改善します。体を温め、発汗を促すはたらきがあります。

ジェーピーエス製薬の製品

データを読み込み中です。

効能・効果

体力中等度以上のものの次の諸症:
感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

構成生薬

カッコン、マオウ、タイソウ、ケイヒ、シャクヤク、カンゾウ、ショウキョウ

このページの先頭へ