社員紹介

製品開発部社員紹介

社員画像

田村 真 MAKOTO TAMURA

  • 平成6年~ 栃木工場 製品開発部勤務
事業形態別組織図

画像をクリックすると拡大します

-田村さんは薬剤師ということですが、仕事内容を教えていただけますか?

栃木工場で、品質保証責任者を担当しています。
こちらの「事業形態別組織」の表(右表)で、「製品開発部」のところにある仕事ですね。

-薬剤師であれば誰でもできる、というものでもないですよね?

そうなんです。医薬品の製造から販売までに精通し、医薬品医療機器等法、GQP(Good Quality Practice/医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質管理の基準)、GVP(Good Vigilance Practice/医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の製造販売後安全管理の基準)、GMP(Good Manufacturing Practice/医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)なども熟知している必要があります。

-田村さんは、具体的にはどんなことをされているんですか?

社内業務としては、製品の市場出荷、製造・品質管理、新製品開発の3つについて、責任者として管理しています。

製品の市場出荷については、毎日生産されるすべての製品について、工場内の製造管理者と協力し、医薬品の有効性、安全性を確認して、出荷できるものかどうかを確認、もしくは判定します。

製造・品質管理については、工場での製造管理及び品質管理の方法と、その結果が適切であるかどうかを、先ほど言ったGMPに準じて監視し、指導します。また、国内外から購入する原料や包装資材などについても、GMPに準じて監視、指導します。

そして、新製品開発については、基礎研究から初めて市場に供給するところまで、製品開発過程のすべての業務について管理しています。

ーずっと工場内でお仕事をされているんですか?

そうでもないですよ。「日本薬局方」ってご存知ですか? 日本の医薬品の規格基準書ですが、ここに新規に収載される品目や、すでに収載されている品目について、産官学の有識者からなる会議が開催されているんです。私はこの会議に業界の代表として参加していて、漢方エキスや生薬に関して収載内容の素案作成や、確認を行っています。
ほかにも、厚生労働省令やその施行通知といった行政文書について、素案作成や最終確認を行うことがあります。

-ほかに、薬剤師さんの業務はどんなものがありますか?

医薬品には、添付文書が必ず入っています。そこに記載されている「使用上の注意」などの文言作成や、変更なども重要な仕事ですね。ほかに、ケース、ラベルといった包装資材の表示の作成、変更、確認なども、医薬品医療機器等法や省庁からの通知に準じて薬剤師が行っています。
お薬を購入された方には、ぜひよく読んで正しく使っていただきたいと思います。

社員紹介イメージ2

-最後に、就活の皆さんへ一言お願いします。

薬剤師の方が栃木工場へ配属される場合、基本的に新製品開発業務の部門に配属されます。
この部署では、医薬品の誕生から市場供給がなくなるまでに行わなければならないすべての業務を行っています。日常の業務を行いながら、またときどきは外部講習会等の研修を受けながら、業務のやり方を身につけていくことができますよ。

このページの先頭へ

事業部社員紹介

社員画像

千葉 貴博 TAKAHIRO CHIBA

  • 平成17年 営業部 東北連絡所勤務
  • 平成24年~ 事業部 本社勤務
社員紹介イメージ1

-まずは、千葉さんの仕事内容を教えてください。

OEM事業の委受託製造の窓口として、<企画提案>が主な仕事内容です。
主な営業先は製薬企業様で、すでにお取引のある企業様への新製品の提案、新規企業様への製品紹介が日々の活動です。

-営業部出身だとうかがいましたが、元気がいいですよね。

はい、それだけがとりえなんですよ(笑)。電話に出ると、「元気がいいねっ」「声大きいねっ」ってよく言われます。私は学術的な面や技術的な面ではまだまだだと思っていますが、人間力の根本である「健康」と「元気」は、誰にも負けません!

社員紹介イメージ2

-営業部から事業部への転属には、戸惑いはなかったですか?

そうですね、驚きはありましたよ。現在所属している事業部は、他社ブランドとして製品を開発・製造し、販売するわけですが、赴任当初まず驚いたのが、企画開始から上市するまでに要する期間の長さです。営業部時代はそこにある製品を販売してきたのですが、その製品になるまで、そこまでの研究と時間を要しているとは全く知りませんでした。そういった事情を把握してから、営業部時代よりも製品一つ一つに対する思い入れは強くなったかもしれません。

-思い入れのエピソードを教えていただけますか?

営業部時代も、ジェーピーエス製薬の製品が店頭に並んでいるとうれしかったのですが、今、企画開始から携わってきた製品が工場で製造され、薬局やドラッグストアに並んでいるのを目にしたときのうれしさはまた別格ですね。商談と研究を重ねても、諸事情で発売を見送るケースもあるので、その分も考えると涙が出そうに…それは嘘ですが(笑)。

-それが千葉さんの元気の源ということでしょうか?

そういうことですね!

-最後に、このホームページをご覧の方へ一言お願いします。

ジェーピーエス製薬は、漢方薬をエキスから一所懸命製造しております。その物の違いを、ぜひ体感してみてください。
OEMを考えておられる企業様からのご連絡も、ぜひお待ちしております!

千葉さんへのご連絡はこちら

このページの先頭へ

営業部社員紹介

社員画像

真鍋 彬 AKIRA MANABE

  • 営業部 北関東連絡所
  • 平成21年入社(農学部応用生命化学科 卒)
社員紹介イメージ1

-さっそくですが、まずは真鍋さんの仕事内容を教えてください。

薬局、薬店、ドラッグストアを訪店するルートセールスが基本です。
自分に与えられた、担当地区の市場をどのように大きくしていくか常に考えなければならない、責任感のある仕事です。

-大変そうですね。

でも、担当店の先生方には本当にかわいがっていただいているので、楽しんで仕事をしていますよ。
それに、間接的にではありますが、お客さま一人ひとりの健康に携わることができます。とても発展性のある、やりがいのある仕事だと思っています!

-頼もしいですね。
どうしてジェーピーエス製薬で働こうと思ったのですか?

今、健康への関心は高まるばかりですよね。
この時代だからこそ、ジェーピーエス製薬の扱っている漢方薬は、からだ全体のバランスを考える医療として、社会貢献できると思ったからです。

社員紹介イメージ2

-入社してみて、求められることはなんですか?

漢方薬という特殊な製品を扱っているので、常に学ぶ姿勢を持つことが必要とされますね。

-漢方の知識がないと、難しいのではないですか?

勉強することはもちろん大切ですが、社内外で漢方セミナーなどが実施されているので、入社してからでも学べますよ。先輩方も、いつも教えてくださいますし。

-職場の雰囲気も、就活の皆さんには気になるところだと思うのですが。

雰囲気は明るいし、活発ですよ!
先輩方は厳しいときもありますが(笑)、いつも的確なアドバイスで助けてもらっています。
自分自身をどんどん成長させることのできる場が構築されている、すばらしい環境だと思いますよ。

-ありがとうございました。最後に、就活の皆さんへ一言お願いします。

漢方薬は、今まで以上に注目されていくはずです。
医療メーカーでの就職を希望されている方、ぜひいっしょに働きましょう!

このページの先頭へ