国内一貫生産

ジェーピーエス製薬は、自社工場での一貫生産にこだわり、厳しい品質管理を行っています。工場での工程の一部をご紹介します。

自社工場での生産フロー

原料生薬を調達

だから国内一貫生産

生薬はできるだけ原型に近い形状で仕入れ、保管します。細かく刻んだ状態では、品質の確認が難しいためです。

指定した産地から工場に集められた原料生薬は、温度や湿度を管理した環境で保管されます。

生薬を刻み、ブレンド

だから国内一貫生産

生薬は天然物なので、含有成分の量が一定ではありません。ジェーピーエス製薬では、含有成分の量が安定するように生薬の指標成分をコントロールしています。

エキスに常に一定の成分を含有させるために、生薬中の指標成分を液体クロマトグラフィーを用いて測定しています。

抽出・分離

製剤イメージ

だから国内一貫生産

抽出は常に一定の条件で行われ、遠心分離した上澄みだけを抽出液として用います。

「煎じ」と同じ手法で抽出。抽出用の水は常水を高性能フィルターでろ過し、RO膜をかけた安定した水で抽出しています。

エキス濃縮・乾燥

製剤イメージ

だから国内一貫生産

生薬の抽出液を高温で長時間濃縮すると、熱によって酸化・分解を起こします。そこで、低温で短時間に濃縮することでエキス品質を守ります。

抽出したエキスを濃縮、乾燥させます。

製剤・包装

製剤イメージ

だから国内一貫生産

出荷後に品質が変わったりしないよう、なおかつ服用すると体内で速く溶けるように、生薬の刻みの段階から製剤化まで設計します。

乾燥エキスは、錠剤、顆粒、液剤などの剤形に加工されます。

出荷

出荷イメージ

最終検査をクリアした製品が出荷され、店頭から皆様のお手元へ届きます。

このページの先頭へ